ブロックチェーン

マクロの視点でBlockchainの動向を理解する。

仮想通貨、暗号通貨、Bitcoin、Ethereum、Blockchain、スマートコントラクト、Fintech、これらの言葉が頻出するようになりました。そこで今回は「Blockchainの業界」をマクロの視点でとらえて、この業界のこれまで、そしてこれからをお伝えします。

 

 

 

Blockchain 1.0

 

 

Bitcoinという言葉がでてくるまえに「Satoshi Nakamoto」という匿名の人物によって発表された論文である「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」として発表されました。そして2009年、Geekなエンジニアらの間で議論が活発になり、今現在のBitcoinの仕組みが世に生まれました。この新たな仕組みというものが

分散型モデルの経済が出現した

という点です。それを管理するのが政府でもなければ、企業でもありません。

これまで人類にとってのカネは「目に見えるモノ」— あるときは和同開珎金(Gold)であり、今ではが「カネ」として扱われてきました。それが一変して「データ」が「貨幣」として認められる時代になりました。しかし、Bitcoinが注目されていた理由は

  • 特定の誰かが発行したモノではない
  • データがカネになる
  • 投機マネーとして儲かる

ということで一部のコミュニティで話題となりました。特に、「儲かる」ということで世の中には徐々にBitcoinへ関心を寄せる人が増えてきました。そして同時に「人類が経済活動は一体どんなことなのか」という議論が行われるようになったのもこの頃です。

なぜ儲かるのかという点については、Bitcoinの仕組みが絡んでいるので別の記事でお届けします。

 

Blockchain 2.0

 

 

Bitcoinの認知度が高まり続ける中で続いて話題になったのが、みなさんご存知の「Ethereum」です。このEthereumが話題となり、徐々に認知度を高めていったのが「スマートコントラクト」といわれるものです。スマートコントラクトって一体何?と思われるかたのために簡単にまとめると、

  • あらかじめ契約をプログラム化することができる
  • もっとも身近なスマートコントラクトは自動販売機
  • 契約を自動で執行してくれる

というものです。

 

2009年から2015年までの間に活発となったのが「価値を証明する以外にもアセット(=トークン・おかね)を発行できる技術が可能になった」という点でもEthereumが注目されました。この技術に注目されることで、中央集権型の経済モデルから分散型の経済システムへ再構築することができるのではないか、言い換えれば世の中の仕組みを変えること・変革をおこすためにBlockchainが活用できるのではないかという視点で議論が積極的に行われ、市場からの期待が一気に大きくなりました。

BitcoinやEthereum以外にもたくさんの暗号通貨が世にでてきたのはこの時期です。

 

Blockchain 3.0

 

 

2016年以降では社会の既存の仕組み、たとえば金融・法律・行政などとどのようにルールをつくるべきかどのようなガイドラインを設けていくかという点で議論が行われてきました。当然ですがBlockchainが優れているから既存の社会の仕組み(中央集権)そのものの在り方を創造的に破壊するということは誰ものぞんではいません。日本でも2016年5月に仮想通貨法案が可決されたのもこのタイミングです。(なお、2017年4月よりこの法律が施行されています。)

 

 

技術的な観点でいうと、このころにEthereumのバージョン1.0が出現し、少しずつ安定的に開発できるようになってきました。また、トークンはトークンでもERC20という仕様が一般的になってきたのもこのころです。

ERC20とはなにかという点については別記事でご紹介します。

 

 

Next Generation(2018〜2019)

 

 

 

今から数年後、Blockchainの技術を応用し、何かをつくるといった場合、よりコンプライアンスにのっとったシステムができあがってくるでしょう。どのようなイメージかというと、Ineternetがではじめてきたあとの、Microsoft社によるWindowsがでてくるイメージです。Blockchain・トークンの最終的な使い道はまだまだ限定されています。

 

2017年現在、開発のレベル、開発に必要な環境はわたしたちの生活になじみがあるものを生み出せるほど進歩はおいついていません。しかし、Blockchainがわたしたちの日常に溶け込む日はすぐそこです。いま、開発者らが日夜考えていることは、「Blockchainをつくること」ではなく「Blockchainという仕組みのなかで、どのようなことができるか」ということに焦点があてられています。

 

今後の動向や、どのようなサービスがでてくるのかがとっても楽しみですね。本日はここまでです。ぜひまずはこの大きな流れを掴んで、理解してみてくださいね。

 

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ブロックチェーン

    トランザクションのscriptとScript言語とは?【Bitcoinを理解する-5】

    ビットコインのトランザクションには、トランザクションscriptと、S…

  2. ブロックチェーン

    Dapps(自律分散型アプリケーション)とは何か。

    今回はDappsとは一体どういうものなのかについて説明していきます。…

  3. ブロックチェーン

    トランザクションのインプットとアウトプットとは【Bitcoinを理解する-4】

    さて、以前はビットコインの基本的な仕組みについてお伝えしました。今回は…

  4. ブロックチェーン

    トランザクションの形式・構造を知る【Bitcoinを理解する-3】

    さて、前回では秘密鍵と公開鍵についてお伝えしました。「Bitcoinを…

  5. ICO解説

    【ICOを読み解く】ChangeはERC20トークン準拠・APIを投資家向けに公開

    話題となっているICOのChangeですが、こちらは現在確認することが…

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【概要と結果を簡単理解】分散型台帳技術に関する共同調査【日本…
  2. トランザクションのscriptとScript言語とは?【Bi…
  3. 【ICOを読み解く】ChangeはERC20トークン準拠・A…
  4. マクロの視点でBlockchainの動向を理解する。
  5. Dapps(自律分散型アプリケーション)とは何か。
  1. 開発

    プログラマー必見!Ethereumのマイニング・送金方法【2017年8月30日最…
  2. 開発

    プログラマー必見!Ethereumのプライベートネットワーク起動【2017年8月…
  3. 開発

    プログラマー必見!Gethの環境構築について【2017年8月25日更新版】
  4. マイニング

    Bitcoinにおけるマイニング(採掘)とはそもそも何なのか。【Bitcoinを…
  5. ICO解説

    【ICOを読み解く】ChangeはERC20トークン準拠・APIを投資家向けに公…
PAGE TOP